2012年3月8日木曜日

薬の話


 最近、薬の宣伝パンフがよく郵便受けに入っている。だいたい読まずにゴミ箱ポイだが、中にはサンプルの錠剤一回分が入っているときがある。
 商品名はここでは明かさないが、高麗ニンジンを使った強壮効果のもの、あるいはすっぽんで精製されたもの、こちらも多分強壮効果のあるものであろう。試供として2~3粒入っている。

 私は薬好きでもないし、怪しげな薬などは飲まないが、捨てるのはもったいない気がして、これらの試供薬は捨てずにとってある。

 だいたいどれのパンフにも

 『今すぐ実感できる。飲んで効果を確かめてください』

 とか書いてある。一回の試供サンプルでそんなことがいえるとは、よほど薬に自信があるのだろう。

 どこでどういうふうに情報を仕入れるか知らないが、こんな薬を送りつけられるのは初老か高齢者である。この年代の人はだいたい病気を1つや2つ持っているものだし、持病のない人でも強壮だの老化防止に興味のない人はいないだろう。

 数多く送れば、ある一定の割合で必ず購入希望者はいるものだ。無料送付はその分費用が行っても、くすりは昔から10倍儲かるといわれている(原料比でか?)。充分採算が取れ、儲かるうまい方法である。

 「たった一回の試供サンプルで購入を決意するほどの効果があるものなのか?」

 しかし、これも必ず一定の割合で

 「いやぁ~、始めて飲んだけど、一回目から効いたわ!」

 という人が必ずいるものである。だいたいこういう郵便ポストに入れられた薬の無料サンプルを飲んでみる、という行動をとる人は、初めから信頼している人か、または、それこそ溺れる者は藁をもつかむ、という、何かにすがりたい人であろう。

 こういう人が飲めば、生理的な薬効云々は別として、良い変化をその人の体にもたらすといわれている。いわゆる『プラシーボ』効果である。
 小麦粉をこれはあなたの症状に対し特効薬である、と信頼できる医者などから処方されると、その服用によって多くの人は症状が改善される、という効果である。

 あまりこんなことを強調すると薬屋の営業妨害になるので控えるが、送られてきて飲みもしない試供サンプルの薬をみながら

 「一回の試供サンプルで効いたと思い購入を決める人は、多くはプラシーボ効果によるんじゃないのかなぁ」

 と思うやまさんでした。

 プラシーボ効果については、ここクリック

追伸
 昨日、病院受診で薬をもらいました。持病の薬ですが、私は以前から医者や薬に対し、懐疑的な見方をしているため、逆プラシーボ効果の為か、どの薬もあまり効きません。疑り深く折れてねじまがった性格の私などは、病気になっても薬効という観点から損ですね。
 痛み止めも含めたお薬は、率直で人の言うことをよく聞く人が、プラシーボ効果も相まってよく効きますね。

2 件のコメント:

しんさま さんのコメント...

薬は効いてなんぼですから、効けば良いのではないでしょうか?ましてや、小麦粉で効けば副作用もなく、最高の薬だと思います。(^_^)

yamasan さんのコメント...

全くその通りでこのプラシボ効果も薬効の一つとして考えられています。

 でもタダみたいな原料で高利をむさぼる薬屋がいるとしたら、ちょっと・・うらやましいですね。