2011年11月8日火曜日

こんなの見ました

高越山とかめめられぬ物体

 今日の午前10時26分ごろ、山川町川田川の土手で高越山を背景に撮りました。
 空中の線のように見えるのは、高空を飛行機が飛ぶとき発生する筋雲と同じ「軌跡」である。
 ただし、こちらは四次元時空を飛行しているため、これから飛ぶ方向にも軌跡(つまり前方にもある。)がみえる。

 ※ コピー、転写、自由にどうぞ

4 件のコメント:

しんさま さんのコメント...

 これは~、動いてたんですか?とすれば四国電力が開発した電線掃除機でしょうか?張り付けたにしては光の当たる方向が景色と同じですし、うまくできてますね。電線を奇跡にした発想は、敬服に値しますがちょと細すぎるような・・・。巷のUFO写真より断然シュールですね。マイリマシタ(^o^)/

てるゆき さんのコメント...

高越山、懐かしいです。確か 大昔に小学校の遠足で少年自然の家に行きました。まだ、あるのかな?

yamasan さんのコメント...

>>しんさま

 いえいえ、無修正本物ですよ。
 形が我ら人類のごく初期の宇宙船に似てるのがちょっと不満です。ガガーリン少佐の乗ったあれですね。
 でも宇宙人もレトロ好みもいるから、地球人の受けをねらっているんでしょうね。

 年末年始にたけしの番組で宇宙人やUFOの写真を見せびらかすおっさんがいますが、私の写真は少なくともそれ以下ではないと思うのですがどうでしょう。

 ただの電柱に張られた電線の蛇除けという人もいるかもしれませんが、やつら、人間の脳に作用する惑乱ビーム砲を持ってますから、記憶の表象を変えることなんかお手の物ですよ。

yamasan さんのコメント...

>>てるさん

自然の家は廃止になりました。もう建物も撤去してると思います。跡地のみが残ってますね。

 高越山には天狗がいるの知ってますか?これなどは昔の人が宇宙人に遭遇してそう思ったのかもしれませんよ。