2012年5月12日土曜日

皆様に愛される〇〇


 暖かい地方のとある田舎県。県民はこぞって穏やかで愛情あふれております。どれだけ愛情深いかというと、今日のその県の県民世帯占有率全国一を誇る某地方紙T新聞の第一面大見出しを見ればわかります。でかでかと

 『県知事、支持率80パーセントを越える。』

 私から言わせると「沈香もたかず屁もひらず」としか言いようがないのに、10年を過ぎてもこの支持率。

 「皆様に愛される知事さん」なんですなぁ~、穏やかで愛情あふれる県民性でなければこうもいきますまいて・・・みなさん、ええとこに住んでますなぁ~

 今日図書館へ行った。そして驚くべきことを発見した。そういっても驚くのは私のような古い、頭の固いものだけかもしれませんが。
 図書館の雑誌閲覧室兼ラウンジって

 「飲食物可」なんです。いつもは入らない入り口から入ると、自動販売機があるので気づきました。室内に自動販売機があるということは・・・・・司書さんをつかまえて聞くと、この室内では飲み喰いできるとのことでした。

 図書館なのでまさか雑誌閲覧室で飲み喰いはできまいと思っていましたが、それが私の誤りでした。
 ただ、言っておかなければなりませんが、これは一般的に図書館の主流の考えではありません。かなりめづらしい試みだそうです。これについては賛否両論あったそうですが、一か月過ぎた今、かなり好評だそうです。全国紙の記者もこの試みを見に来ていて、好意的に(賛成)書いてました。

 よそにできる新しい図書館もこのようなやり方を真似、今後、閲覧室ではあっても一部を区切って飲み喰い可が定着しそうです。

 私もさっそくコーヒーを買って喫茶店の雰囲気の中、読書をしました。
 『皆様に愛される図書館』になりそうですね。

 それではこうゆうのはどうでしょう。本邦初、公立メイド・イケメンウエイター司書図書館

2 件のコメント:

しんさま さんのコメント...

そういえば市立図書館行ったけど、雑誌見てなかったなあ。ジャン・クリストフも見つからなかったし、また今度、バーガー、サンドイッチにコーヒー持って読みに行こうっと。(^_^)

yamasan さんのコメント...

ジャン・クリストフを読むんですか。かなりな大作ですよ。
 私はこの歳になると世界文学の長編はもう読めませんね。高校のときは片っ端から読んだのに、体力知力の衰えですかね。