2012年4月27日金曜日

電気紙芝居その2

今回は江戸歌舞伎の『伊達娘恋緋鹿子』(八百屋お七)と人形振り『櫓のお七』をもとに適当に脚色しました。ご覧ください。
 BGM変更バージョン
で、午後10時前に動画をアップしましたが、著作権の関係でブロックされました。実はBGMに『夜桜お七』を持ってきたんですが、ブロックされて私以外は見ることはできません。西田佐知子なんかの曲は大丈夫だったのに坂本冬美はダメでした。

 それで急遽、編集しなおしました。BGMにクラッシックの「月光の曲」(ベートーベン)を入れました。
 今度は大丈夫だと思います。これで見られなかったらまたコメントください。

2 件のコメント:

しんさま さんのコメント...

動画、見れました!月光のBGM がさらに哀愁をさそいますね。夜桜お七の場合だとどうなるんでしょうね。(^_^)♪

yamasan さんのコメント...

この紙芝居の題、ヒロインの名前からもわかりますが、「お七」がメイン。『夜桜お七』の曲がまず最初にあって、それにストーリーや全体の時間を合わせて作ったものです。

 結果、ブロックされ、曲が変わりましたから、私の意図のほとんどは削がれました。残念です。

 最後の方の、櫓の上のお七の見得で曲のサビの部分の「花吹雪~~♪」というキメがよかったんですけどね・・・・(*_*;