2013年12月5日木曜日

日没が早い


 昼の時間が一番短くなる冬至まではまだ2週間あまりある。冬至は逆に夜が一番長くなる。太陽高度も低くなり、陽光も弱々しく、暮れ方になると侘しさが増してくる。

 しかし、日暮れの最も早いのは冬至ではない。一年で日没が一番早いのは今日あたりになる。

 4時20分過ぎの江川である。




 それから一時間余りで急速に暗くなった。薄明の西空には三日月と金星が輝いていた。

 

2 件のコメント:

しんたま さんのコメント...

三日月と金星ですか、やはり魅せられましたか、偶然と言うか当たり前と言うかとにかく何か訴えるものがありましたね!!
実はgoogle sky で見ると、私の故郷の冥王星も月の近くに居たんですよ、満ちていく月と際吉兆の金星と冥界と繋がる冥王星もがコンジャンクションしています。意味深ですね。(^_^)/~~

yamasan さんのコメント...

しんちゃんは冥王星と関係が深かったんですね。
 わたしはたぶん、海王星か木星だと思います。どこにいるのかな、あとでgoogle sky で見てみます。

 屋上まで上がって空を観察できるくらいリハビリが進んでいるんですね。動くと痛みなんかはどうですか。無痛だとリハビリも進むのにね。日にちが薬ですよ、「鈍感力」もある意味、養えばいいかな、

 今日のブログは海を見てもらおうと動画をアップしました。