2012年11月14日水曜日

時雨るるか 夜の声

 ここ数日天気が不安定である。日曜日からの悪天。それもずっと悪いのではなく、晴れていたと思えば急に突風、そして驟雨だ。冬への季節の変わり目、時雨もよいか。

 昨日も雷が鳴ったかと思うと俄かの強い雨風。ちょうど散髪をしていたが、自転車置き場の自転車はなぎ倒されていた。

 昨日は久しぶりに墓参りをしたが、となりの墓の卒塔婆がなぎ倒されて、我が家の墓にもたれかかっている。吹き散らかされた樒の葉が通路や墓石のあちらこちらに張り付いている。
 時雨の冷たい雨に濡れた共同墓地はこの上なくわびしい。

 卒塔婆をもとの位置に戻し、もとあった土台の穴に差し込んでいると上部でカリカリ音がして卒塔婆が揺れる。
 
 「なんじゃろか」

 と思い、見ると墓に飛び上がった子猫が二匹、卒塔婆が動くのを面白がってまとわりついて遊んでいる。人なつっこい子猫で手を伸ばすと抵抗もせずに抱かれた。
 捨て猫ではあるが最近捨てられたのか、栄養状態も毛並みもよい。甘える態度から見て飼われていた親猫の家で最近までいたのだろう。

 これから先のことを考えるとかなり哀れである。それならお前が飼えといわれても、無責任な飼い方はできない。喉と頭を撫でてやっておいはなしたが、場所を離れず、二匹が飛んだり跳ねたりして遊んでいる。

 夜に入っても冷たい時雨と突風は時おり襲ってくる。墓地と我が家は500mも離れていない。暗くなってから、気になり、ちょっとした餌をもって墓地に行った。暗い墓地は人気がなく、子猫の声もしない。呼ぶが、ニャンともスンとも言わない。

 餌は持ち帰った。あの子猫どうしているのだろうなぁ。私が行ったときは近くにいないのか泣き声を上げなかったが、深夜になり、石ばかりの墓地で餌や親、暖かい寝床を恋しがってネウネウと泣いているんじゃないだろうか。

 犬と猫の違いはあるが芭蕉の一句を思い浮かべた。

 『草枕 犬も時雨るるか 夜の声』

2 件のコメント:

しん姫 さんのコメント...

 我が家にも猫はよく来ます。庭のコオロギを捕まえて食べているみたいです。先週サンルームの土台工事をしてセメントを貼った後にくっきりと足跡を残してくれました。記念に残しておきます。(^.^)

yamasan さんのコメント...

ノラってはかなげに見えてもしたたかです。蔵本駅の長毛種の黒のノラ、2年前から見てますが昨日も元気な様子でした。
 猫の方が幸せそうです。