2014年8月2日土曜日

雨の一日


 一日雨、まるで梅雨に戻ったようだ。昼ごろ小ぶりになり止むかなと思ったが夕方になるとまた大降り。

 列車も止まるかもしれないほどの大雨で(確かめなかったが)徳島にも出て行けなかったから、家でゴロゴロ。宇宙遊泳パニックムービの『ゼロ・グラビティー』を見る。一般的評価は高かったがさして面白い映画とは思わなかった。

 退屈なのと胃の食欲不振が続いているので、午前中、雨の中、先日の医院に行く。雑談のような診察で薬の処方もなし。

 「センセ、胃もたれと食欲不振は続いてます。何とかなりまへんか」

 「胃・十二指腸自体、問題なかったので、気分転換や生活習慣を変える方がいいんじゃないですか」

 「食欲の出る漢方系の薬、おまへんか」

 「ない」

 「他の消化器官の病気では?例えば膵臓癌とか?」

 「すい臓がんなら症状出た時点で助からないからあきらめなはれ」

 「そうでんなぁ、膵臓の人はみんな死んでますなぁ~、青江三奈も高橋悦司も・・・」

 「胆管癌も難しいびょうきでっせ、阿部首相のお父がそうや」

 「センセ、昭和天皇もそうや」

 と、それからしばらく2人で、消化器系の癌で手遅れで亡くなった有名人をあげ連ねる。

 そんなわけで結局、処置も処方もなし、会計で診察料を払おうとしたら、係りの人が、お話しだけですのでお金は頂きません、とのこと、弁護士なんか相談だけでも5000円とるが・・・これも先日の検査のアフターケアの一つか、と思い、礼を言って病院を後にした。

 夕方になって気温が下がったようで、室内は全然蒸し暑くなく、雨は続いているが快適な気温になっている。することもないので4時くらいに布団に横になったらそのままスヤスヤ、目覚めると、なんと午後10時半、驚くほど熟睡した。

 「今晩寝れんわ」

4 件のコメント:

しんたま さんのコメント...

なんと!無料ですか!!
そろばん弾かん医者がいたとは意外ですね!
再診料くらいは取ったらええのに、逆に気持ち悪いですね。
 さて、私事ですが、8日から15日まで
九州に行くことにしました。妻の母親が入退院を繰り返しているために、元気づけのために行きます。もうかれこれ20年以上ご無沙汰ですので、逢えるのが楽しみです。行く前に途中遊んで行くため、南阿蘇のペンションを予約しました。あとは、実家の周りの霧島連峰を散策したり、鹿児島の親戚のお寺に行ったりします。台風が心配ですが、フェリーが出れば決行ですね。(^o^)/

トシ さんのコメント...

町役場からの健康診断の手紙通知が俺あてにも届いたので、俺も年内までに受けようかな。(胃カメラ検査したことないし)
夏の暑さで疲労たまりがちですが、基本は元気に過ごしてます。

yamasan さんのコメント...

>>しんちゃんへ

 一週間の夏休ですね。九州の旅を楽しんでください。密度の濃い良いたびになることを祈っております。盆の混雑がちょっと気がかりですが真夏の南九州は案外空いているかもしれませんね。

 南阿蘇の外輪山の早朝の朝霧、白川水源地の素晴らしく透明な水が今でも思い浮かびます。二人には思い出の地と聞きましたのでここでゆっくり楽しめるといいですね。

yamasan さんのコメント...

>>としさんへ

 40歳以上になると胃癌検査は毎年受けた方がいいといわれますが、若い人でも心配な人は受けていますね。

 公共の健康診断は胃カメラでなくバリウムを飲むレントゲンと思います。胃カメラより負担は少ないです。

 夏は何かと体調を崩しますのでそちらにも注意してください。